忍者ブログ

久積篤史与沢翼に騙された俺の心の叫び(旧名:ヤマケンのネットビジネスで100万稼ぐぞブログ)

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月1日

こんにちは!!
ヤマケンです^^


ネットビジネス関係というジャンルに含むかどうか迷ったんですが、今後のことも考えて書いてみます。


書きたかったのは佐川がアマゾンの負担転嫁に耐えきれずアマゾンとの取引を打ち切るって内容の記事です。
この結果、ヤマトの一人勝ちってことになったように見えますが、ヤマトへの一極集中でヤマトがやっていけるのか?ってのが懸念されてますよね。


佐川とは違いヤマトはスタッフの社員の割合が多かってので、経費も結構かかるはずなんで、会社として、利益がでるのか?
ってことです。


このあたり、これだけデカデカニュースにもなっているなら、アマゾンもヤマトももちろんもう、既に次の手は打ってるはずですが、興味深いですよね。


なぜ、この記事を、ここで書いたかというと、アマゾンが自社配送にする可能性ってどれくらいあるのだろう?という疑問を持ったからです。


ここ数年の時代の流れや物流業を見ていたらこれ以上送料の値下げはほぼ不可能です。


配送業がメインの仕事ではない自分が調べてわかってる範囲です。


そんなの配送業をしている連中がわかってない訳ないんです。


当然コストカットを考えるなら、委託より、自社の方が良いに決まってる。
そうなるとこの数年でアマゾン側になんらかの動きはないのか?と思って調べてみたらありましたね。


世界でも先進国中心に70カ所、日本でも現在11カ所と数を増やしているみたいですね。


ここまで見てると自社配送を行うのも時間の問題なのかなと思います。


そうなると、楽天やヤフーもこの流れに乗って自社配送システムを作ってくるでしょう。
ってなると、今度困るのは配送をメインで行ってるヤマトや佐川ですよね。


こうなって時っていうのがこれ以上落ちないと考えていた送料が落ちるタイミングなのかと思います。
と同時に、働く側への負担は半端じゃないものになると思います。


そして、価格が崩壊する瞬間、その仕事が分岐点にくる瞬間。


こういうタイミングはビジネスチャンスが広がってるものです。


いずれくるチャンスの為に、自分自身もいろいろと勉強していこうと思います。


さて今日は長くなりましたが、ここまで!!
また次のブログで!!
ではでは^^
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/11 Charlessn]
[07/10 Charlessn]
[07/10 Charlessn]
[07/09 Charlessn]
[07/08 Charlessn]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(09/02)
(09/07)
(09/14)
(09/18)
(09/25)

P R

Copyright ©  -- 久積篤史与沢翼に騙された俺の心の叫び(旧名:ヤマケンのネットビジネスで100万稼ぐぞブログ) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]